決済 一覧

クレジットカードの決済日

  • 決済

クレジットカードは、カード会社ごとに月々の締め日と決済日が決まっています。決済日とはクレジットカードの利用代金が引き落とされる日です。締め日とは、カード会社が請求金額を決定する日です。例をあげると締め日が15日で決済日が翌月10日とすると、決済額の先月16日~今月15日までの合計が引き落とされるのが翌月10日ということです。土日や祝日と引き落とし日が重なった場合、引き落とし日を翌営業日をするカード会社もたくさんあります。支払いのタイミングを微調整することが、クレジットカードを利用する時は、締め日を意識することでできるでしょう。

買い物は、どうしてもその日でなければ買えないものでなければ、締め日のすぐあとにするのが良いかもしれません。クレジットカードを使った金額の支払いを遅くすることが可能です。特に複数のクレジットカードを持つ人は、それぞれのカードの締め日と決済日を意識しましょう。実際の支払いをいつにするか自分で調整できるのです。猶予期間をカードを使ってから支払いまで延ばすことでやりやすくなるのが、家計のやりくりです。タイミングによって可能になるのは、給料日を一回ぶん多く挟むことです。賢くクレジットカードを使うためには、意識してそのカードの締め日や決済日を活用することが大切です。

クレジット決済の代行とは

  • 決済

クレジットカードは、カード会社と契約を交わした加盟店でのみ決済可能です。クレジットカードの加盟店になるには多くの事務所類を必要とします。直接クレジットカード会社と契約することが、小規模な店舗はそもそもできないといいます。決済代行会社と契約を、クレジットカード会社の加盟店になる代わりにすることで代行でクレジットカードの決済をしてもらうことも不可能ではなくなります。その決済代行会社が行っているのが、クレジットカード会社への加盟店申込み、クレジットカード端末機の設置申込みです。

取り扱い商材や事業内容などに関する審査なども行っているといいます。クレジットカード会社の手数料に加えて決済代行会社への手数料を支払うことで、クレジットカードに関する業務を代行してもらうことができるのです。決済代行会社を利用することでカード会社ごとに契約を交わす必要がなくなり、クレジットカードに関する業務を一本化できます。

実際ネットショップを経営するときなどには、クレジットカードの決済代行会社は大事なものになってきます。いろいろと最近は決済代行会社にも種類があります。それぞれの会社によって異なるのが、取り扱い可能な決済手段やセキュリティ体勢、導入費用などサービス内容です。重要なのは今までの各社の実績などを参考に、クレジット決済代行会社を選択するということです。

クレジット決済とは

  • 決済

クレジット決済についてです。クレジットカードを持つことは当たり前となりつつあります。多くの人が普段からクレジットカードを携帯しています。カード会社が一時的に立て替えることが、クレジットカードの決済ということです。利用者に対してカードの利用額を月に1度、まとめて請求するのがカード会社です。分割払いやリボルビング払いなどに対応していることも、便利なクレジットカードの特徴ではないでしょうか。

決済をクレジットカードでできるのは加盟店での買い物だけです。クレジットカード会社に3%~5%の金額を、加盟店は支払っており、それは決済手数料といいます。クレジットカードで決済をすれば、現金を持たずとも買い物ができます。高額な品物を買う時もまとまったお金を持たずに済みますので、セキュリティ的な面でも安心です。クレジットカード会社に手数料を、加盟店側は反対に支払わなければなりません。

分割払いで商品を購入したいという顧客や手持ちのお金がない顧客に対し、買い物を販売機会を逃さずしてもらえることになります。決済をクレジットカードでする場合に必要になるのが、本人確認のサインや暗証番号の入力です。利便性や効率を重視した決済方法が導入されている最近では、小口の決済やネットショッピングでは、サインレスシステムになっていることもあります。

このページの上部へ