キャッシング 一覧

主婦がキャッシングしにくくなったことは事実ですが、全くお金を借りられなくなったわけではありません。主婦がお金を借りる際には何に気をつけたらよいのでしょうか。

無収入の専業主婦は、ャッシングができる見込みはゼロに等しいと考えられがちです。ですが、意外と融資ができる会社はあまります。キャッシング会社の審査の内容は、各金融会社によって異なっています。この審査を通過すれば、主婦でもお金を借りることができます。一定収入があるか、安定収入があるかという点が審査基準になっているところが多いです。完全に無収入の主婦には難しいといえるでしょう。返済能力を問われるのは仕方ないと言えば仕方ないことといえます。

パートやアルバイトの収入であっても、月々一定額の収入がある人なら、キャッシングができるようです。仮にどこかの金融会社の審査が通らなかったとしても、他の金融会社でならキャッシングができることもあります。このごろは、くれじっとかーどにキャッシング機能を付帯することも主婦には難しいようです。夫に秘密でキャッシングを利用しようとしても、専業主婦はなかなか審査には通らないといいます。

a1180_001396.jpg

主婦でも自由にキャッシングを利用することが改正貸金業法の施行前まではできました。キャッシング申し込み時に、夫の収入を申込用紙に夫に定職と収入がある旨を記載すれば審査を通過することができたからです。主婦のキャッシングは、貸金業法が見直された現在でも、いくつかの手続を経ることで融資は可能です。借り入れ上限額は、年収の3分の1までという法ができました。ですが、夫婦の年収として、配偶者の年収を申し込み用紙に書き、その1/3を上限額に借り入れることが可能です。

キャッシングを配偶者貸付け扱いにして、主婦が融資を受けるというものです。配偶者貸し付けの場合は、配偶者の同意と夫婦関係を示す書類、住民票などの提出が必要になります。夫に内緒でキャッシングはできません。会社によっては、配偶者貸付は事前の手続が増えて処理に手間がかかることから、主婦は利用不可としている場合もあります。

主婦がキャッシング会社からお金を借りることが大変であることは変わりありません。融資が手軽に利用できる方法はないでしょうか。キャッシングほどバッとお金を借りることはできませんが、銀行からお金を借りるというやり方は可能です。生活費が足りないからとちょっとキャッシングをという使い方はもうできませが、主婦にとってはむしろそれでいいのかもしれません。

主婦はもう絶対にキャッシングができなくなってしまうのではと噂されていました。改正貸金業法が完全施行される直前のことです。一足早く主婦のキャッシングにストップをかけて、貸金業法が変わった時の対策を取っていたという金融会社も存在していました。最終的には、貸金業法はどの点を見直すことになったのでしょう。

月々の収入で家計をまかなうことは、時には難しいこともあります。今の主婦でも昔の主婦でも、給料日目前に生活費が枯渇することがあります。無収入の主婦がキャッシング会社からお金を借りようとする場合、貸金業が変わったことでしなければならないプロセスがふえました。利用者に対して夫の同意書、夫の年収証明書、婚姻証明書などの確認をとらなくてはならなくなりました。主婦は夫に内緒でキャッシングができなくなったというわけです。

また、いわゆるグレーゾーン金利がなくなり、金利は20.2%以上に設定してはいけないことになりました。貸金業が改正されてことで、一年間の収入の3分の1がキャッシングの利用限度額になりました。金利が一定水準以上で頭打ちになるのは、キャッシングする側からすれば歓迎すべきことです。収入によっては小口の融資しか受けられなくなった人や、旦那さんに言わずにお金を借りたかったため不便を感じている人もいます。

このページの上部へ