金利 一覧

低金利のクレジットカード

  • 金利

クレジットカードにキャシング機能がついているのが当たり前の時代になりましたが、気になるのは金利です。最近のクレジットカードのキャッシングは低金利のものが増えているといいます。どんなサービスがついているクレジットカードを持っているか理解している人と、ただクレジットカードで買い物だけをしている人とがいます。どんなふうにクレジットカードを使うと金利がかかるか、理解しておいて損はありません。

低金利で利用するためにはどうすればいいかという知識もあります。お得な買い物ができる店舗や、ポイントが効率良く加算されるクレジットカードの使い方などもあります。最近は低金利のクレジットカードを掲載している比較サイトもあります。サイトを利用すれば、低金利のクレジットカードを選ぶのがとても簡単になっています。

比較サイトをチェックすることで、評価の高い低金利クレジットカードが見つけられます。3回以上の分割払いをすると、支払いにはあらかじめ定めた金利ぶんの利息がつきます。金利の低いクレジットカードを使うことで、分割払いになっても利息の支払いを安く抑えることができるでしょう。金利が上乗せされないようなクレジットカードの使い方をするにはどうすればいいか、普段から調べておくといいでしょう。

クレジットカードの金利はどのように決定されるのでしょうか。クレジットカードの金利は、信用格付け、返済負担率、職歴、支払歴の4つが基準となって決められています。これらの評価が高ければ、金利を低くしてもらうことができます。

クレジットカードの金利では、信用格付けが一番重視されています。信用格付けを決めるのは、過去7年でクレジットの利用歴がどのような状態にあるかで、信用格付け会社が行っています。クレジットカード利用額に比して収入が高く安定している人は、貸し倒れリスクが少なく評価も高くなります。実際にクレジットカードの金利を低くしたいと思ったら、カード会社に連絡をしましょう。クレジットマネージャーの低金利の重要性をはっきりと訴え交渉しましょう。金利は下げることはできないけれど、利用限度額を低くすることは可能であると言われることもあります。

限度額についての交渉を持ちだされたとしても、あくまでも金利を論点にしていると伝えることです。何が必要かを相手にきちんと伝えましょう。マイレージやポイントなどの特典はないけれど、金利が低く設定されているクレジットカードもあります。クレジットカードの手続をする前に、低金利のカードをじっくりと探してみてもいいでしょう。

クレジットカードは今や誰で持っているものですが、金利のことが気になる人も多いでしょう。日頃何気なく利用しているクレジットカードですが、支払方法によって金利もずいぶん変わるようです。3回以上の分割払いになると、クレジットカードでは金利が発生します。それ以外の支払いでは、金利をつけずに支払いができます。

分割払いのバリエーションに、リボルビング払いという支払い形態が存在します。毎月一定以上の請求がないことが、クレジットカードのリボ払いの最大の特徴とされています。月々の支払い金額を少なく設定していると、支払いが終わるまで長くかかります。リボ払いの金利は会社によって異なりますがだいたい15%前後です。無駄な金利を支払わないようにするためには、クレジットカードの支払方法に注意が必要です。

リボ払いは便利なようにも見えますが、10万円の買い物を月々5000円ずつ支払えば、15%の利息で13,000円にもなってしまいます。1万3000円となれば、結構いい買い物ができるのではないでしょうか。金利に多額の支払いをするのは、できれば避けたいものです。リボ払いは便利そうですが、結果的には金利にばかり支払いをしていることになってしまいかねません。金利が上乗せされないように、一括払いでクレジットカードの決済をする習慣をつけるといいでしょう。

このページの上部へ