手数料をクレジットカードに対して払う場合に得することはあるのでしょうか。クレジットカードでカードを所持している人がショッピングした場合、利用料金はカード会社が代わりに支払うことになっています。カード会員が自分の銀行口座に、使った料金が引き落としされる日までにお金を振り込んでおくという信用があるからこそ、利用料金をクレジットカード会社が代わりに支払うことができるのです。

加盟店がカード会社に対して代わりに収めるのが、信用の証拠としての加盟店手数料で多くの場合は利用代金の3~7%と定められています。手数料を支払う必要のある加盟店は、買い物をカードでするお客のときには若干儲けが減ることがあります。カード加盟店になるメリットは、買い物するときに現金を持っていない人や、高額商品を買うことをやめてしまいそうな人にもその場で買ってもらえるということです。便利なクレジットカードを提携するおかげで、店側の儲けは多くなるのではないでしょうか。クレジットカードの手数料を少しぐらい納めたとしても、儲けは増えることになるのです。

クレジットカードを使うと、現金ではなかなか買う気持ちになれない場合でも買ってしまうということもよくあります。目の前の客を取り逃がさないということからも、かなりのメリットが店にはあるといえるでしょう。利用した料金をクレジットカード会社に代わって支払ってもらうクレジットカード会員に対する手数料がクレジットカードの利用手数料だといえるでしょう。クレジットカード会員にはクレジットカード手数料をもらう代わりに、商品を買いやすくしたり、加盟店からは加盟店手数料をもらう代わりに売上げアップのメリットをクレジットカード会社は提供しているといえるのかもしれません。