クレジットカードは、カード会社ごとに月々の締め日と決済日が決まっています。決済日とはクレジットカードの利用代金が引き落とされる日です。締め日とは、カード会社が請求金額を決定する日です。例をあげると締め日が15日で決済日が翌月10日とすると、決済額の先月16日~今月15日までの合計が引き落とされるのが翌月10日ということです。土日や祝日と引き落とし日が重なった場合、引き落とし日を翌営業日をするカード会社もたくさんあります。支払いのタイミングを微調整することが、クレジットカードを利用する時は、締め日を意識することでできるでしょう。

買い物は、どうしてもその日でなければ買えないものでなければ、締め日のすぐあとにするのが良いかもしれません。クレジットカードを使った金額の支払いを遅くすることが可能です。特に複数のクレジットカードを持つ人は、それぞれのカードの締め日と決済日を意識しましょう。実際の支払いをいつにするか自分で調整できるのです。猶予期間をカードを使ってから支払いまで延ばすことでやりやすくなるのが、家計のやりくりです。タイミングによって可能になるのは、給料日を一回ぶん多く挟むことです。賢くクレジットカードを使うためには、意識してそのカードの締め日や決済日を活用することが大切です。