クレジットカードは、カード会社と契約を交わした加盟店でのみ決済可能です。クレジットカードの加盟店になるには多くの事務所類を必要とします。直接クレジットカード会社と契約することが、小規模な店舗はそもそもできないといいます。決済代行会社と契約を、クレジットカード会社の加盟店になる代わりにすることで代行でクレジットカードの決済をしてもらうことも不可能ではなくなります。その決済代行会社が行っているのが、クレジットカード会社への加盟店申込み、クレジットカード端末機の設置申込みです。

取り扱い商材や事業内容などに関する審査なども行っているといいます。クレジットカード会社の手数料に加えて決済代行会社への手数料を支払うことで、クレジットカードに関する業務を代行してもらうことができるのです。決済代行会社を利用することでカード会社ごとに契約を交わす必要がなくなり、クレジットカードに関する業務を一本化できます。

実際ネットショップを経営するときなどには、クレジットカードの決済代行会社は大事なものになってきます。いろいろと最近は決済代行会社にも種類があります。それぞれの会社によって異なるのが、取り扱い可能な決済手段やセキュリティ体勢、導入費用などサービス内容です。重要なのは今までの各社の実績などを参考に、クレジット決済代行会社を選択するということです。