a1180_001396.jpg

主婦でも自由にキャッシングを利用することが改正貸金業法の施行前まではできました。キャッシング申し込み時に、夫の収入を申込用紙に夫に定職と収入がある旨を記載すれば審査を通過することができたからです。主婦のキャッシングは、貸金業法が見直された現在でも、いくつかの手続を経ることで融資は可能です。借り入れ上限額は、年収の3分の1までという法ができました。ですが、夫婦の年収として、配偶者の年収を申し込み用紙に書き、その1/3を上限額に借り入れることが可能です。

キャッシングを配偶者貸付け扱いにして、主婦が融資を受けるというものです。配偶者貸し付けの場合は、配偶者の同意と夫婦関係を示す書類、住民票などの提出が必要になります。夫に内緒でキャッシングはできません。会社によっては、配偶者貸付は事前の手続が増えて処理に手間がかかることから、主婦は利用不可としている場合もあります。

主婦がキャッシング会社からお金を借りることが大変であることは変わりありません。融資が手軽に利用できる方法はないでしょうか。キャッシングほどバッとお金を借りることはできませんが、銀行からお金を借りるというやり方は可能です。生活費が足りないからとちょっとキャッシングをという使い方はもうできませが、主婦にとってはむしろそれでいいのかもしれません。