クレジットカードの金利はどのように決定されるのでしょうか。クレジットカードの金利は、信用格付け、返済負担率、職歴、支払歴の4つが基準となって決められています。これらの評価が高ければ、金利を低くしてもらうことができます。

クレジットカードの金利では、信用格付けが一番重視されています。信用格付けを決めるのは、過去7年でクレジットの利用歴がどのような状態にあるかで、信用格付け会社が行っています。クレジットカード利用額に比して収入が高く安定している人は、貸し倒れリスクが少なく評価も高くなります。実際にクレジットカードの金利を低くしたいと思ったら、カード会社に連絡をしましょう。クレジットマネージャーの低金利の重要性をはっきりと訴え交渉しましょう。金利は下げることはできないけれど、利用限度額を低くすることは可能であると言われることもあります。

限度額についての交渉を持ちだされたとしても、あくまでも金利を論点にしていると伝えることです。何が必要かを相手にきちんと伝えましょう。マイレージやポイントなどの特典はないけれど、金利が低く設定されているクレジットカードもあります。クレジットカードの手続をする前に、低金利のカードをじっくりと探してみてもいいでしょう。