クレジットカードは今や誰で持っているものですが、金利のことが気になる人も多いでしょう。日頃何気なく利用しているクレジットカードですが、支払方法によって金利もずいぶん変わるようです。3回以上の分割払いになると、クレジットカードでは金利が発生します。それ以外の支払いでは、金利をつけずに支払いができます。

分割払いのバリエーションに、リボルビング払いという支払い形態が存在します。毎月一定以上の請求がないことが、クレジットカードのリボ払いの最大の特徴とされています。月々の支払い金額を少なく設定していると、支払いが終わるまで長くかかります。リボ払いの金利は会社によって異なりますがだいたい15%前後です。無駄な金利を支払わないようにするためには、クレジットカードの支払方法に注意が必要です。

リボ払いは便利なようにも見えますが、10万円の買い物を月々5000円ずつ支払えば、15%の利息で13,000円にもなってしまいます。1万3000円となれば、結構いい買い物ができるのではないでしょうか。金利に多額の支払いをするのは、できれば避けたいものです。リボ払いは便利そうですが、結果的には金利にばかり支払いをしていることになってしまいかねません。金利が上乗せされないように、一括払いでクレジットカードの決済をする習慣をつけるといいでしょう。