smil300.jpg日本クレジットカウンセリング協会というのは、どのような団体なのでしょうか。現在、日本ではクレジットは相当程度普及しています。クレジットの広がりに伴い、多重債務という状態に陥ってしまう人もかなり多くなっているのが現状です。日本クレジットカウンセリング協会は、消費者保護の立場から公正・中立なカウンセリングなどを行い、多重債務に関する相談に無料で応じてくれるところです。

クレジットや消費者ローン返済が滞ってしまったり、家計が成り立たなくなってしまう人がいます。どうしようもなくなる前に、なるべく早く生活の立て直しを図る必要があります。日本クレジットカウンセリング協会は、中立の立場からのカウンセリングを通じて、消費者保護の視点で生活再建をサポートしてくれます。借金の返済が難しい状態になり、解決方法に迷っているような人は、日本クレジットカウンセリング協会に連絡しましょう。

日本クレジットカウンセリング協会への相談は、まず電話で申し込みをします。予約の日時を相談して決め、カウンセリングを受けましょう。弁済計画を練って相談者から債権者に計画に従って弁済をする手配をしてくれるのです。日本クレジットカウンセリング協会はクレジットなどの返済に困ったときに相談にのってくれる心強い味方だといえるでしょう。

日本クレジットカード協会は、さまざまな機会を通じて、クレジットに関する活動をしている機関です。いくつもの銀行や金融系企業、カード会社などが会員となっていて、消費者に対する情報提供などを行なっています。日本クレジットカード協会はクレジット商品の消費者を対象として、消費者相談室を設けていますが、この協会を名乗る者による詐欺が増加しています。

日本クレジットカード協会を名乗る者が、カードが不正利用されている疑いがあるので確認したい、という言い方で訪問してきます。調査をしたいからといって暗証番号を聞き出し、クレジットカードを預かって不正に利用するという悪質な詐欺です。日本クレジットカード協会から注意喚起がされているのです。ほとんどの場合、日本クレジットカード協会はクレジットカードの契約についての調査を行うことはありません。まして暗証番号を尋ねたり、クレジットカードを預かるようなことはあり得ません。

日本クレジットカード協会を名乗る詐欺にあってしまった場合、すぐにクレジットカード会社と警察に通報をしてください。クレジットカードの暗証番号については、どういった状況であれ絶対に他人に教えないということも頭に置いておいてください。普段から自分のクレジットカードと関連する情報の管理には十分注意しておくことが大切なのです。日本クレジットカード協会のホームページにはクレジットカードに関するいろいろな注意事項が掲載されていますので、一度読んでおくと良いでしょう。

日本クレジット協会について聞いたことがある方もおられると思います。日本クレジット協会はクレジット取引に関係する事業者の適正な業務運営や、消費者利益の保護を目的とし、平成21年4月に設立された団体です。最近では、クレジットカードを持たないという人はほとんどいなくなっています。クレジットカードはそれだけ人々の間に深く浸透したと言えるでしょう。

日本クレジット協会は、取引全般に関するルールを自主的に定めることで、クレジットの利用を消費者に安心して行なってもらうためにさまざまな取り組みをしています。日本クレジット協会には900以上の団体が会員となっています。多くのカード会社や銀行、企業などが会員となっているようです。日本クレジット協会は、クレジットに関する消費者相談・苦情の対応にあたる窓口を開設しています。クレジットに関する相談窓口は、消費者の苦情や相談に対応し、消費者と企業のパイプ役として活動しています。

日本クレジット協会では、クレジットにまつわる基礎知識をわかりやすく説明したホームページを作り、消費者からの質問に対してQ&A形式で回答をしています。協会ではクレジット教育センターを設け、クレジット教育・金銭教育の普及・充実をめざして、学校教育の場で支援活動を展開しています。企業などにクレジットカウンセラーの派遣をして正しいクレジットの利用方法などの啓発活動もしているそうです。日本クレジット協会は、クレジットに関するいろいろな活動を積極的に行っているのです。

yarikuri300.jpg買い物をコンビニでするときにクレジットカードを利用できるといいます。高い買い物をすることはコンビニではそれほどありませんので、サインは普通いらず簡単に買い物ができます。レジでの会計のときにクレジットカードを利用すれば、おつりのやり取りなどの面倒な作業がないので早く済ませることができるでしょう。コンビニでクレジットカードを使うときは他の店と同じで、購入したいものをレジに出すときにクレジットカードを一緒に出して、分割か一括化などの支払い方法を伝えるだけです。コンビニの店員がカード処理をするので、購入した商品と一緒にクレジットカーとで買ったことが証明できる領収書をもらいましょう。

コンビニで買い物をするときにクレジットカードのポイントをためることができるので、ポイントのつくクレジットカードを利用するとお得です。クレジットカードをそれほど高額でないショッピングに使用することを渋る方もたくさんいます。クレジットカードをコンビニで利用することに抵抗を感じる人は多いのではないでしょうか。この頃増加しているのが、コンビニ系クレジットカードというコンビニ会社によって発行されているものです。

コンビニでクレジットカードを使う人は、割引サービスが増えていることもあり多くなってきているようです。ショッピングをコンビニでしょっちゅうする人や、クレジットカードのポイントを積み立てている人もたくさんいるかもしれません。上手くクレジットカードを使えば、お得にコンビニでのショッピングをすることができるでしょう。

手数料をクレジットカードに対して払う場合に得することはあるのでしょうか。クレジットカードでカードを所持している人がショッピングした場合、利用料金はカード会社が代わりに支払うことになっています。カード会員が自分の銀行口座に、使った料金が引き落としされる日までにお金を振り込んでおくという信用があるからこそ、利用料金をクレジットカード会社が代わりに支払うことができるのです。

加盟店がカード会社に対して代わりに収めるのが、信用の証拠としての加盟店手数料で多くの場合は利用代金の3~7%と定められています。手数料を支払う必要のある加盟店は、買い物をカードでするお客のときには若干儲けが減ることがあります。カード加盟店になるメリットは、買い物するときに現金を持っていない人や、高額商品を買うことをやめてしまいそうな人にもその場で買ってもらえるということです。便利なクレジットカードを提携するおかげで、店側の儲けは多くなるのではないでしょうか。クレジットカードの手数料を少しぐらい納めたとしても、儲けは増えることになるのです。

クレジットカードを使うと、現金ではなかなか買う気持ちになれない場合でも買ってしまうということもよくあります。目の前の客を取り逃がさないということからも、かなりのメリットが店にはあるといえるでしょう。利用した料金をクレジットカード会社に代わって支払ってもらうクレジットカード会員に対する手数料がクレジットカードの利用手数料だといえるでしょう。クレジットカード会員にはクレジットカード手数料をもらう代わりに、商品を買いやすくしたり、加盟店からは加盟店手数料をもらう代わりに売上げアップのメリットをクレジットカード会社は提供しているといえるのかもしれません。

公共料金の支払いに対応しているクレジットカードが増加しているといいます。また、保険会社もクレジットカードと提携し、保険料の支払いに対応しているようです。保険料や公共料金をクレジットカードで払った場合、どういった利点や欠点が考えられるでしょうか。各保険会社によって、クレジットカードの支払いの仕組みは異なります。多くの場合は、保険を組む時に一緒にクレジットカード支払いの書類を書きます。申し込みには、カードの番号が必要になる場合もありますし、携帯カメラでQCコードを読み取るというやり方もあるようです。

申込み書や告知書に日付を書き入れ、保険料を納めると、そのどちらか遅いほうの日から、保険会社には保険契約の責任が発生することになります。保険料はクレジットカードでの支払いをするというならば、初めての支払いからクレジットカードが使えます。クレジットカードの有効性が確認できれば、保険会社側はOKという形になります。そのため、QRコードを読み取る方法であれば早くに確認が可能ですが、申し込み書を提出する場合は保険の開始までにタイムラグが生じることがあるようです。

毎月必ず支払うものをクレジットカードでの払込みにすると、カード利用額に対応して増えるポイントが簡単にたまります。保険とは長期に渡って支払うことになるものですので、ポイントは確実に入っていきます。月々の保険料を減らしたいと思っても、大幅に金額を減らすことはまず難しいといえるでしょう。カード利用額に応じてポイントが入り、ポイントでサービスを受けられるクレジットカードを使うことで、割引に相当する得が得られると考える人は少なくないようです。

a1600_000289.jpg

クレジットカードには、マイレージサービスが特典として付帯することがあります。クレジットカードで買い物をするとマイルが貯まるというものです。元々常連客を航空会社が囲い込むために作ったサービスが、マイレージだそうです。空席を利用して常連客を、航空機の多くは空席があるため、増加させようとしたといいます。

このマイレージを、航空会社から購入しているのが、クレジットカード会社です。上限があるのが、ポイントをクレジットカードでためてマイルに移行させる場合です。クレジットカードを選ぶ時に、マイル特典を考慮に入れるのであれば、移行上限を調べておく必要があるでしょう。クレジットカードのマイル特典にはそれぞれマイル還元率があります。クレジットカードの中で還元率の高いものを使えば、マイルが順調に毎日の買い物で貯まるでしょう。

マイルを積極的に溜めていきたいならば、マイル特典の追加ボーナスをクレジットカードの特約店を利用してもらうようするのがおすすめです。クレジットカードをコンビニやスーパーのちょっとした買い物やEdyのチャージなどに使うことで、マイルを溜めることが効率的にできるでしょう。飛行機で楽しくお得な旅行をするためにも、どんどんクレジットカードの特典を有効活用しましょう。

クレジットカードの海外特典

  • 特典

クレジットカードの中には、掛け金なしで海外旅行保険サービスの特典がついているものがあります。海外旅行に行く度に旅行保険をかけるのは大変です。お金を改めてかけずとも、クレジットカードにあらかじめ保険がついていれば大丈夫ということになります。海外保険特典でクレジットカードのものは、保障内容は充実しているようで無料の付帯保険ながら安心です。十分海外旅行中のサポートになるようで、通常の海外保険と比べると額面としては見劣りしますが、それでも安心感はあります。加えて保険に複数入っていると、補償金額が最も高い金額の保険を個々の保険会社で按分するのが死亡や後遺障害についてです。しかし、障害や疾病治療保険の補償金額は按分ではなく加算です。

クレジットカードを複数枚所有し、それぞれのクレジットカードの海外特典を利用するという方法でも役立ちます。買い物を海外でするとき、クレジットカードは何かと便利だといえます。現金を海外でいちいち持ち歩くことが不要になるのが助かります。海外での買い物も簡単になるうえ、海外保険の特典がつくのです。おすすめなのは、クレジットカードを海外旅行をする時はぜひ一枚は作っておくことです。たまに旅費の一部、あるいは全額をクレジットカードで払っていなければ保険の特典が使えないことがあるようです。きちんと事前に確認しておくと良いでしょう。

クレジットカードの決済日

  • 決済

クレジットカードは、カード会社ごとに月々の締め日と決済日が決まっています。決済日とはクレジットカードの利用代金が引き落とされる日です。締め日とは、カード会社が請求金額を決定する日です。例をあげると締め日が15日で決済日が翌月10日とすると、決済額の先月16日~今月15日までの合計が引き落とされるのが翌月10日ということです。土日や祝日と引き落とし日が重なった場合、引き落とし日を翌営業日をするカード会社もたくさんあります。支払いのタイミングを微調整することが、クレジットカードを利用する時は、締め日を意識することでできるでしょう。

買い物は、どうしてもその日でなければ買えないものでなければ、締め日のすぐあとにするのが良いかもしれません。クレジットカードを使った金額の支払いを遅くすることが可能です。特に複数のクレジットカードを持つ人は、それぞれのカードの締め日と決済日を意識しましょう。実際の支払いをいつにするか自分で調整できるのです。猶予期間をカードを使ってから支払いまで延ばすことでやりやすくなるのが、家計のやりくりです。タイミングによって可能になるのは、給料日を一回ぶん多く挟むことです。賢くクレジットカードを使うためには、意識してそのカードの締め日や決済日を活用することが大切です。

クレジット決済の代行とは

  • 決済

クレジットカードは、カード会社と契約を交わした加盟店でのみ決済可能です。クレジットカードの加盟店になるには多くの事務所類を必要とします。直接クレジットカード会社と契約することが、小規模な店舗はそもそもできないといいます。決済代行会社と契約を、クレジットカード会社の加盟店になる代わりにすることで代行でクレジットカードの決済をしてもらうことも不可能ではなくなります。その決済代行会社が行っているのが、クレジットカード会社への加盟店申込み、クレジットカード端末機の設置申込みです。

取り扱い商材や事業内容などに関する審査なども行っているといいます。クレジットカード会社の手数料に加えて決済代行会社への手数料を支払うことで、クレジットカードに関する業務を代行してもらうことができるのです。決済代行会社を利用することでカード会社ごとに契約を交わす必要がなくなり、クレジットカードに関する業務を一本化できます。

実際ネットショップを経営するときなどには、クレジットカードの決済代行会社は大事なものになってきます。いろいろと最近は決済代行会社にも種類があります。それぞれの会社によって異なるのが、取り扱い可能な決済手段やセキュリティ体勢、導入費用などサービス内容です。重要なのは今までの各社の実績などを参考に、クレジット決済代行会社を選択するということです。

このページの上部へ